全てのバージョン

情報の流出は時として大きな損失を生み出します。
大企業の情報通信機器のたった一台から流出した個人情報が数百億円の損害を生んだ事件も実際に起きています。
このようなリスクがあるため、パソコンをはじめとした情報通信機器のセキュリティは常に保つ必要があります。
しかしそのセキュリティが駄目になることがあります。
それが故障やトラブルに陥った時で、本体の不具合だけでなくセキュリティホールが生じていたりといったリスクも故障やトラブルにはあるので、正しく修理をして情報を守る必要があります。
そのための手伝いを行っているのがパソコンの修理会社です。
これらの会社は単に壊れたパソコンなどを修理しているのではなく、データの保護も意識した対応をしており、修理時のセキュリティチェックなどもしっかりと行い情報の保護に努めてくれます。

正しく操作を理解して使い、また故障時やセキュリティトラブル時には修理業者に対応してもらうなどすることで、パソコンは常に最新のセキュリティと安全を保つことができます。
一方で、同じくパソコンの安全を保ち、情報を守ることが出来る類似の働きをするものにアンチウイルスソフトがあります。
アンチウイルスソフトは単にウイルスソフトとも呼ばれ、その役目は主にネットワークを介して侵入してくるコンピューターウィルスに対して有効な防護策を講じることです。
万が一ウィルスが機器に侵入してきてもすぐにそれを検知して、隔離したり削除してくれます。
パソコン起動時には自動でプロテクトを行うことが多いので、トラブルを未然に防ぐ意味もあり、ウィルス感染による情報流出なども防いでくれています。